2015-06-03

エンジニア研修 第2日目 (WEB基礎)

はじめまして。新卒の宮口です。
今回は、新卒研修で行われているエンジニア研修の報告をしたいと思います。
今回の内容はWEB基礎。「ITはなんの略語か?」から始まります。
分かっているようで意外と分かっていない。そんな感じの内容です。自分は非エンジニアなので正確なことをお伝えできるかわかりませんが、お話できる限りで講義内容をお伝えします。

アジェンダ

  • WEB基礎用語
  • サーバーとクライアント
  • インターネットプロトコル
  • ドメイン名とIPアドレス

講義はIT、コンピュータとは?などのWEB基礎用語のおさらいから始まりました。

ちなみにITとはInformation Technologyの略で、情報を取得、加工、保存、伝送する技術のこと。コンピュータは演算・制御装置(CPU)、記憶装置(メモリ、HDDなど)、入出力装置(ディスプレイ、キーボード、マウスなど)の3つに分類できる自動計算機のことです。
このあたりは大半の方が理解しているのではないのでしょうか?自分は問題ありませんでした。

続いてサーバーとクライアントの話に移ります。

「複数台のコンピュータを接続しネットワークを構成する場合、特定の役割を担当するコンピュータと、利用者の操作するコンピュータに役割を分け、それぞれ、サーバーとクライアントと呼ばれます。このような構成の場合、ある操作をする際にクライアントがサーバーに接続しリクエスト(要求)を送ると、サーバー上で処理が行われた後にクライアントにレスポンス(応答)を返すような形で処理が行われます。」とのことです。
自分はまだ大丈夫です。
要するにコンピュータは基本サーバーかクライアントのどちらかに分かれて、「○○というページを表示してほしい」などの要求とその応答をしあうということなのでしょう。(雑な説明ですみません)

続いてはインターネットプロトコルについてです。

プロトコルとは(取り決め)のこと。このプロトコルは階層上にできていて、下からネットワーク層、トランスポート層、アプリケーション層に分かれています。それぞれデータを送受信する際の取り決め、そのデータをどのような形式で転送するかの取り決めがなされているそうです。
自分はこのあたりの理解が難しかったです。家に帰ってから復習です。

続いてドメイン名とIPアドレスについてです。

IPアドレスとは、インターネット上の住所のようなものです。通信を行う機種にはそれぞれ固有のIPアドレスがあって、その住所宛にデータを送りあっています。ですが、このIPアドレスは2a03:2880:2130:cf05:face:b00c::1のように分かりづらいものとなっています。
これをアルファベットなど用いて分かりやすくしたのがドメイン名です。
relax-job.comのようなものですね。
このあたりはイメージがつかめたように思います。

以上が今回の内容です。
本当はもっと細かい内容まで教わりましたが、書ききれないので割愛です。
「こんな内容誰でも知ってるよ!」と思われるかもしれませんが、意外ときちんと理解している方は少ないのではないでしょうか?
非エンジニアの方でも、WEB系はエンジニアにすべてお任せではなく、これくらいのことは知っておいて損はないはずです。
このエントリーをはてなブックマークに追加